食物アレルギーその1

みなさんの周囲で、食物アレルギーの方はいらっしゃいますでしょうか。
食物アレルギーを発症している方は、その人のアレルゲンとなる食べ物を口に入れないように気をつけて生活をしなければなりません。
また、定期的にアレルギー科に通う方もいらっしゃいますし、誤ってアレルゲンとなる食べ物を食べてしまった場合、すぐにアレルギー科で診てもらう必要があります。
食物アレルギーは、人によって違いますが、一般的には、豆、卵、牛乳、小麦や肉などを食べることが出来ない方が多いと思います。

 

食物アレルギーを持つ人、また、食物アレルギーを持つ子供の親は、食材選びに、日々、頭を悩ませなければなりませんので、とても大変だと思います。
アレルゲンとなる食材を食べてしまうと、じんましんが出たり、しっしんが起きたり、皮膚に異常が出てきます。軽いアレルギーでしたら、「食べると蕁麻疹が出る」という程度でしょうが、ひどい場合ですとショック状態になってしまうこともあります。

 

症状によっては、下痢や嘔吐をしたり、腹痛などの消化器症状にトラブルが出たりすることもあります。

 

また、ひどいケースでは、咳が止まらなくなったり、呼吸困難になって呼吸器にトラブルが出たりします。それから、口やのどが腫れてきて、鼻水、目のはれ、かゆみなどが出るケースもあります。

食物アレルギーその2

食物アレルギーによって、アトピー性皮膚炎を発症する人もいれば、ひどい症状の場合、「アナフィラキシーショック」に陥ります。
みなさんも、聞いたことがあると思いますが、アレルギー体質の方が、アレルゲンが原因で発症してしまう様々な症状のなかで、もっとも恐ろしいものです。
ショック症状になるということは、どのようなことかと言いますと、皮膚や、消化器、呼吸器に異常が出て、血圧が低下し、不整脈も出ます。アナフィラキシーショックの場合、死に至ることもありますから、食物アレルギーと言っても軽く見てはいけないのです。

 

食物アレルギーその1

 

症状が出たら、早めにアレルギー科で診てもらい、原因となった食べ物についても伝えるようにします。特に小さいお子さんが、食物アレルギーを持つ場合、親御さんや周囲の人は、子供が危険な状態にならないように、常に気をつけてあげなければなりません。

 

大人になれば、自分で自分の食べるものを選び、身を守ることもできますが、お子さんの場合、毎日、食事を作るお母さんが、使う食材に十分、気をつけてあげなければならないでしょう。

 

さて、アレルギー体質のお子さんの場合、親御さんもアレルギー科に通っているケースが多いです。実は、アレルギー体質の遺伝というものが、実際にあるようです。

 

また、両親がアレルギーではなくても、3 親等程度までの身内に何らかのアレルギー症状を持つ人がいれば、自分も体質としてアレルギー素因があると考えられます。

 

将来的に発症するか、しないかの差はありますが、要素は持っているということですね。そうかと言えば、親がアレルギー体質である場合も、子どもにはそれが出ないケースもあり、アレルギー体質が絶対に遺伝するということではないようです。

食物アレルギーその3

ケースバイケースではありますが、親がアレルギー体質だと子供も、そうなるケースが多いということを覚えておいたほうがよいでしょう。現在では、親御さんと一緒に、同じアレルギー科に通う子供がいることも珍しい光景ではありません。

 

例えば、家族そろって花粉症になってしまうおうちもありますが、それも遺伝と関係していることになりますね。

 

食物アレルギーに限らず、他のアレルギー性疾患でも、原因となってくる物質のことをアレルゲンと呼んでいます。
食物アレルギーの場合は、このアレルゲンに、大きく三つのものがあります。
3 大アレルゲンと呼ばれていますが、それは、大豆と牛乳と卵です。
3 つに共通する性質は、たんぱく質を豊富に含んでいることです。ですから、食物アレルギーの原因は、このたんぱく質にヒントがあるのではないかと考えられています。
ご存知のように、たんぱく質は、体内で分解されアミノ酸になりますが、アミノ酸は粒子が小さいため、食物アレルギーの原因になりにくいです。

 

ですが、子供は、それに対して過敏に反応してしまい、アレルゲンとなっているようです。大人より子供のほうが食物アレルギーの患者が多いことも、これで納得できますよね。
普段から食事や生活に、どのように気をつけたらよいのか、食事の注意点などについて、アレルギー科で指導してくれますが、子供の食物アレルギーは、周囲が協力をして、子供をアレルゲンから守っていかなければなりません。

食物アレルギーその4

大豆、卵、牛乳でアレルギーを起こす人も多いですが、果物や野菜など、特定の食材を食べることでアレルギー性疾患を起こす人もいます。
私の友人が桃を食べて、喉が大きく腫れてしまい、急いでアレルギー科に行ったという話しを聞いたことがありますが、人によって、アレルゲンは違っています。
ですから、自分が何にアレルギーがあるのか、実はアレルゲンを持っていることを、知らないまま、過ごしている方も多いようです。

 

食物アレルギーその1

 

ある食材を偶然、食べたときに、体にトラブルが出てから、初めて、自分にとって何がアレルゲンなのか、アレルギー科を受診して知ることになるというケースも多いのです。
食物が直接、唇に触れたり、口の中や、のどなど粘膜につくことによって、口の中が腫れたり、皮膚がヒリヒリしたり、体がかゆくなったりする方もいます。

 

このように、口の中に炎症が起こる食物アレルギーを「口腔アレルギー症候群」と呼んでいます。これは、大人に多く見られる食物アレルギーと言えるでしょう。
どのようなものがアレルゲンになるのかと言いますと、生の果物が多いです。

 

特に、キウイフルーツやメロン、バナナ、スイカ、桃、パイナップル、また、柿や、オレンジ、リンゴなどがあげられます。野菜ですと、トマト、セロリなどです。
これらをアレルゲンとする人は、食べると口のなかが腫れてしまったり、かゆみが出たり、イガイガしたりしますし、体中がかゆくなったり、蕁麻疹が出たりします。

食物アレルギーその5

食物アレルギーを持つ方は、重症の場合、ショック症状が出る場合もありますので、花粉症ですでにアレルギー科に通っている方は、食物アレルギーにも注意したほうが良いと言われています。
何に食物アレルギーがあるのか、自分で知りたい場合、アレルギー科で診てもらうこともお勧めです。
ですが、食物アレルギー検査は、通常の血液検査をしても、なかなかアレルゲンが特定できないようです。血液検査でアレルゲンの反応が出たとしても、それが、直接、食物アレルギーの発症の原因になるほど、大きな反応ではないケースが多いからです。

 

食物アレルギーその1

 

ですから、食物アレルギーを知りたい場合、アレルギー科で「食物負荷検査」を受けたほうが良いでしょう。
食物に含まれている成分を実際に摂取し、それが、患者の食物アレルギーのアレルゲンとなるのかどうか、それを調べる検査です。
食物負荷検査で詳しいことがわかれば、何の食材を避ければよいのか、的確にわかりますし、食べることを避けていた食材も反対に食べてよいことがわかります。

 

このようなデメリットがありますので、自分に何らかの食物アレルギーがあると思っている方は、一度、アレルギー科で検査をしてみてはいかがでしょうか。
実際に、アレルゲンとなる食べ物が特定された場合、アレルギー科でも、それを避ければよいと指導されると思います。

気になっているサイトを紹介

生理前のイライラやお腹の痛み、食欲が異様に増したり、かと思えば悲しくて涙が止まらなかったり。 もしかしてうつ病になってしまったのかと心配半分、「またいつものことか」とお思いの方も多いかと思います。毎月やってくる月経前症候群(PMS)に悩まされている方も多いと思いますが、生理が始まる3〜10日前から始まり、不快な生理が1週間前後と考えると、1カ月の半分近くは憂鬱な気分で過ごしていることになってしまいますよね。